ものもらいについて

「ものもらい」という言葉は共通語で、地方によっていろいろな呼ばれ方をします。北海道では「めっぱ」が多く、関西では「めばちこ」が多いようです。全国で1番多く呼ばれているのが「ものもらい」です。子供の頃外で遊んでいて、汚れた手で目をこすってまぶたが腫れて「ものもらい」になったことがありますが、子供だけでなく大人でもなる病気なので気をつけましょう。当サイトではものもらいの症状や治療について役立つ情報を紹介しています。

スポンサードリンク

ものもらいの種類

ものもらいには2種類あり、麦粒腫霰粒腫です。
一般的にものもらいと言われているのは麦粒腫のほうです。
瞼の内側にできるのを内麦粒腫、外側にできるのを外麦粒腫といいます。
ものもらいができる主な原因、ぶどう球菌という細菌が炎症を起こすきっかけとして、まぶた周辺の不衛生や体調不良または不摂生などが考えられます。
また、麦粒腫を繰り返しできるようなら他の病気が原因かもしれません。
放置せず早めに眼科を受診するといいでしょう。
霰粒腫は、無菌性の炎症で、しこりができるものもらいです。
まぶたのなかにでき、脂などの分泌物が脂腺にたまりしこりとなります。
基本的には痛みはありませんが、まれに細菌感染を起こし痛みを感じる場合もあります。
化膿して膿がたまったりしたら必ず診察を受けて炎症を抑えることです。
ものもらいだといってほうっておくと、しこりが大きくなることもあるので気をつけましょう。
お年寄り場合、まれにものもらいでなく腫瘍の可能性もあるので、痛みがなくても眼科で診察してもらいましょう。
麦粒腫はひどくなければ自然と治ることもあります。
霰粒腫は放っておくと何ヶ月もしこりが治まらず続くことがありますが、炎症がなくなればしこりも治ってくることもあります。

ものもらいの治療や予防

もろもらいは黄色ブドウ球菌が原因で炎症をおこしているので、抗生物質で炎症を抑えることです。
三軒の家から米をもらって食べると治るとか、よその家へ乞食に行くとものもらいが治る。
昔の言い伝えがあるようですが、それで治るわけではありません。点眼薬や軟膏などを使って症状を抑えていきます。
4〜5日ぐらいで回復してくると思います。
麦粒腫の場合、なかなか治らないときは切開して膿をだすこともありますが、切開は必ず病院へいって医師に行ってもらいましょう。
霰粒腫の場合、しこりが大きくて気になるとか痛みがあれば切開手術で取り除きますが、炎症がなければ自然と治るのを待っていても良いと思います。
ものもらいは、普段の心がけで予防もできます。
不摂生をしていると抵抗力が落ちて病気にかかりやすくなります。まつげの根本部分は菌がたまりやすいので、衛生状態に気を配ることです。
霰粒腫の脂肪のかたまりも、蒸しタオルなどで温めると治りがよくなるようです。
キレイなメイクアップをしても、目の中が汚れていては仕方ありませんよ。
ものもらいの原因を作らないよう目元ケアをしていきましょう。

ものもらいの症状

ものもらいには、二種類あり麦粒腫霰粒腫があります。
麦粒腫が普通「ものもらい」と呼ばれています。
麦粒腫にも二種類あり、まぶたの内側にあるマイボーム腺が化膿してできるものと、外側の睫毛腺に起きる炎症で皮膚が化膿してできるものがあります。
症状は、まぶたの炎症を起こしている部分が赤く腫れ、まばたきをするたびに目にゴミが入ったようにごろごろする。
次第にまばたきをするたび痛みを感じたりまぶたが重くなる。
また、化膿した場所が白っぽくなったり、目が充血したりします。
化膿した場所をそのまま放置すると悪化して、赤みや痛み、腫れがひどくなり、涙が出たり、目の中に異物を感じたりします。
早めの治療が肝心ですよ。
霰粒腫は、まぶたの中に小さな球状のしこりができ、痛みはあまり感じることはありませんが、細菌に感染すると炎症を起こすこともあります。
そうすると、麦粒腫と同じ症状がでたりします。
しこりが大きくなると違和感が強くなるので、痛みがなくても一度眼科で診てもらうことですね。
ものもらいができると、無意識にまぶたをこすったりすることがあるので気をつけましょう。

ものもらいの知識

ものもらい」という言葉を聞いたことはあると思います。
まぶたにできるもので、正式な病名があります。
麦粒腫霰粒腫といい、どちらもまぶたが痛みやかゆみの症状を伴います。
原因や症状治療法もそれぞれ違い、一般的には麦粒腫を「ものもらい」というようです。
まぶたは、表面が皮膚で裏側が結膜でできていて、その間にまぶたを上下に動かす筋肉があります。
寝不足や泣いたために、腫れぼったいまぶたになったことはありませんか?
まぶたには、脂線や汗の出る分泌線が多いので、そこから細菌が入って炎症を起こします。
もろもらいは、黄色ブドウ球菌という細菌が入って起こる急性化膿性炎症です。
黄色ブドウ球菌は日常生活環境のあちこちに存在しています。
傷口だけでなく、健康な部分の皮膚や粘膜、ホコリ、毛髪、動物の皮膚などいたるところに見られます。
どちらかというと子供が夏にかかる病気と思いがちですが、大人も季節に関係なくかかります。
ものもらいの他にもまぶたの病気があります。
先天性の腫瘍でデルモイドというのがあり、良性ですが手術で摘出します。
オール電化光熱費